UPS


   
説明
自室に設置してあるUPSを紹介。
自分は一軒家に住んでいるんですけど、電気の使いすぎなのか、よくブレーカーが落ちるんですね。
メインのパソコンはタワー型なので、電力が遮断されると当然PCは使用不能に陥ります。
一度ブレーカー落ちの関係で、OSのデータが破損してしまったことでWindowsが起動しなくなったことがありました。
一応修復インストールでどうにかなりましたけど、それがUPS導入のきっかけです。
最初に買ったのはAPCのES500で、2年くらい使いました。
その後、バッテリーのヘタリや容量などを考慮して、2012年頃に新しいUPSを購入しました。
   
CyberPower CR900
         
CR900 2台目のUPS、CyberPowerのCR900です。
バックアップしたい機器が増えて、ES500だと心許なくなり新型を導入。
選んだ理由は
・大容量バッテリー
・バッテリーの寿命が長い
・ドライバやソフトがWS2008R2に対応している
・ディスプレイとボタンが付いていてUPS単体でもある程度の情報が分かる
など。
   
APC ES500
         
ES500 2010年頃に購入した最初のUPS。
安価なエントリーモデルで、PC1台とディスプレイ1台繋ぐだけなら十分だろうということで選択。
現在はサブPCなどを接続していますがほとんど使っていません。


◆トップページへ◆ ◆PC紹介へ◆ inserted by FC2 system