自作2号機

説明
弾薬箱のような外観に一目ぼれして衝動買いしたコルセアC70というケース。買ったはいいが、長い間ドンガラ状態のまま。
「そろそろ中身を入れたいなー」ということで、お金も貯まってきたところで自作2号機として誕生することになった本機。
1号機のエンコード速度に不満があったのも事実で、当時としては最新型だったCore i5 3570Kの底力に期待してCPUを購入。
なぜIvyなのかは、Haswellの登場まで時間がありすぎたから。
買いたいときが買い時ですし、組みたいときが組み時です!

組んで最初のエンコードをして実感、3570Kはやっぱり速い!
E8400と9600GTのCUDAを利用してのエンコードと比べてみると、エンコ時間が大幅に減った。
もちろん同じソフトで、同じ設定を使用しての結果。
詳しく述べると、30分の番組(クローズアップ現代)をエンコするのにかかる時間は約30分前後。
使用しているソフトは"TMPGEnc 4.0 XPress"
QSVは使っていないので、有効に出来ればもっと速くなるのかも。

同年6月にPLEXのPX-W3PEを導入。PT3でも良かったけど、設定が楽そうなこちらを選択しました。
いずれ2枚ざしにして地デジ4番組同時録画を実現しようと思っています。
深夜アニメ、結構被りますからね。3チューナーは無いと困りますね。
U局ならMX・tvk・チバ・テレ玉が映るので調整出来ますけど、キー局はそうもいきません。

最初はエンコマシンとして構成を練ったのですが、3570Kの恩恵を受けているうちにグラボを入れたくなってきました。
電源の容量にも余裕があるので、搭載しても良いんですけど……。
だいたいそこそこ性能のあるグラボって1万5000円〜2万円くらいするでしょ、そんなお金うちにはありませんよ〜。
写真
自作2号機 自作2号機

自作2号機 自作2号機


スペック(2014年1月27日現在)
CPU Intel Core i5-3570K 3.4GHzの定格動作、エンコが速い
CPUクーラー クーラーマスター Hyper TX3 EVO RR-TX3E-28PK-J1
メモリ サンマックス DDR3-1333 4GBx2 合計8GB、なんでもエルピーダチップ採用だとか
マザーボード GIGABYTE GA-H77-D3H-MVP マウスで操作出来るグラフィカルなBIOSにビックリ
ビデオカード オンボード お金に余裕ができたら増設します
キャプチャボード PLEX PX-W3PE PT2よりも導入が楽だった、お金が入ったらもう1枚欲しいな
SSD plextor PX-128M5S WS2008R2のブートドライブとして使用、起動の速さにビックリした
HDD1 東芝 DT01ACA300BOX 3TB SATA 6Gb/s 7200rpm
HDD2 東芝 DT01ACA300BOX 3TB SATA 6Gb/s 7200rpm(2台目)
光学ドライブ ソニーオプティアーク AD-7280S-0B スーパーマルチ
電源ユニット ANTEC EarthWatts EA-650-PLATINUM 大容量+変換効率PLATINUMなのに1万切ってます
ケース コルセア C70 ミリタリーグリーン 異色の弾薬箱型PCケース
OS WindowsServer2008R2 ドリームスパークで入手、そのうち7か8入れたいな


◆トップページへ◆ ◆PC紹介へ◆ inserted by FC2 system